私たちは49年前より地球に優しい事業を展開してきました。

私たちは1972年の創業以来、地球環境に優しい事業を営んできました。南九州の常緑広葉樹の樹皮を有効活用して製造されるネッカリッチ。昭和33年頃木材チップの製造過程で出る産業廃棄物でした。私たちはこの樹皮に含まれる有効成分に着目し、高度成長期における畜産公害や食品の化学物質汚染を少しでも改善するために、製造メーカーと協同して努力して来ました。

また、1985年頃より水の機能性の研究を始め「現在の環境問題を効率よく改善するには水の機能性を活かす事」との結論に至り、島根県から全国に向けて発信しています。

私たちはとても小さな会社ですが、いつも「環境の事・食の安全の事」を第一に考えて会社を運営してきました。これが私たちの誇りです。

脱炭素社会に向けた取り組み

森林資源であるネッカリッチの普及を通じて地球温暖化防止に貢献します。

二酸化炭素
およそ1,500トン

当社は毎年、およそ1,500トンの二酸化炭素を固定(削減)しています。

これは、地球上を循環する炭素をネッカリッチの原料(炭)として固定することで、炭素の長期貯留が可能となり、大気中への二酸化炭素の放出を防ぐからです。

ネッカリッチを活用して生産される農畜水産物・副産物などは、環境に配慮された地球に優しい選択肢といえます。

詳細を見る

生産現場の様々な課題を解決します

最新の研究成果をご紹介します

研究を通じて消費者に支持される商品を目指します

お知らせ

TOPICS

2019年5月

有機JAS適合肥料『あれあれ肥料』の製造・販売を開始。

TOPICS

2019年2月

搾乳牛の体細胞数改善に①ネッカリッチ②カルミン・ネオ(L)③νG7水を組み合わせた飼育技術確立に向けた取り組みをスタート。

EVENT

2019年11月6日

第47回全国ネッカリッチ研修会が開催されました。

NEWS

2018年11月7日

宮崎みどり製薬㈱より【循環型農業教書】の報告発表。